男性もネイルスクールに通えるのか?

ネイルスクール

美容師やメイクアップアーティストには男性が多くいますが、ネイリストとなるとまだ少ないのが現状です。しかし近年アメリカでは多くの男性ネイリストが活躍するようになってきており、日本でも徐々にネイリストになりたいという男性が増えてきています。男性の間で身だしなみに関する意識が高まる中、実業家やエグゼクティブ、営業職や流通業などの男性たちを中心に「男性用ネイルサロン」が静かなブームとなる中、男性とネイルは決して無縁なものではなくなってきつつあるのです。

ネイリストになるためには専門のネイルクスールに通って知識と技術を身に付け、検定試験に合格して資格を取得する、というのが一般的ですが、男性も通えるネイルクスールというのはあるのでしょうか。実際ほとんどのネイルクスールでは女性限定とはしておらず、したがって男性でも入学することは可能です。ただやはり生徒も講師も圧倒的に女性が多いため、気おくれしてしまうこともあるかもしれません。しかしスクールの側では決して男女に差をつけることはなく、男性でもしっかり勉強して実力をつければプロになれるとして指導を行っています。最近ではネイルを学びたいという男性の増加に伴い、男性専用のネイルクスールも登場しています。講師も生徒もすべて男性なので、気後れすることなく勉強にできます。検定対策や就職・独立開業のサポートも受けられるので、卒業後は念願のネイリストとして活躍することも夢ではありません。

美容師やメイクアップアーティストには男性が多くいますが、ネイリストとなるとまだ少ないのが現状です。しかし近年アメリカでは多くの男性ネイリストが活躍するようになってきており、日本でも徐々にネイリストになりたいという男性が増えてきています。男性の間で身だしなみに関する意識が高まる中、実業家やエグゼクティブ、営業職や流通業などの男性たちを中心に「男性用ネイルサロン」が静かなブームとなる中、男性とネイルは決して無縁なものではなくなってきつつあるのです。

ネイリストになるためには専門のネイルクスールに通って知識と技術を身に付け、検定試験に合格して資格を取得する、というのが一般的ですが、男性も通えるネイルクスールというのはあるのでしょうか。実際ほとんどのネイルクスールでは女性限定とはしておらず、したがって男性でも入学することは可能です。ただやはり生徒も講師も圧倒的に女性が多いため、気おくれしてしまうこともあるかもしれません。しかしスクールの側では決して男女に差をつけることはなく、男性でもしっかり勉強して実力をつければプロになれるとして指導を行っています。最近ではネイルを学びたいという男性の増加に伴い、男性専用のネイルクスールも登場しています。講師も生徒もすべて男性なので、気後れすることなく勉強にできます。検定対策や就職・独立開業のサポートも受けられるので、卒業後は念願のネイリストとして活躍することも夢ではありません。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)